■ 現代の生活のスタイル永代供養について

永代供養とはお墓参りのできない人や、お墓の管理をしてくれる人がいない方にお永代にわたり
供養、管理してくれることを永代供養と呼びます。現代の生活のスタイルで核家族化が進み、
お墓の継承者もなく、無縁仏になる可能性が高いので将来的に不安な方や、年齢的、体力的
な理由で墓参りが困難な人、お墓を準備しても管理できない、料金的にもお墓を新しく建立する

よりも低価格ですむことから、急激に注目を集めています。実際にどのような供養をしてもらえる
のかというと、ある程度の期間は納骨堂などでお遺骨を安置し、その後合祀を行ったり、最初か
ら合祀を行う方法、お骨を分骨して、一部を一定期間安置し、残りのお遺骨は最初から合祀する
というような方法が一般的です。

■ 永代供養が注目を集める大きな理由のひとつ

供養にかかる費用的な負担が少なくてすみます。永代供養墓とはお墓参りできない人に代わ
って、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任持って永代にわたって
供養と管理をしてもらえるお墓です。

永代供養墓は、一般的に他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨堂に納骨されることから合祀墓、
合同墓、合葬墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれています。また個々のお寺に
よって、永代供養塔、倶会一処墓、永代納骨堂、生前個人墓、永代供養廟、永代納骨廟、永遠
墓など様々な名称がつけられています。

一般のお墓との違いとしては、お墓参りしなくてもお寺が責任を持って永代にわたって供養と
管理をしてくれること、墓石代がかからないこと、墓地使用料が割安になるなどで、一般のお
墓と比べて料金がとても安くすみます。

たとえば10万円から100万円以上と形式、納骨方法によって料金はまちまちですが、30万
円から50万円ぐらいが平均です。

■ さまざまな永代供養墓の造りついて

永代供養墓の造りとしては、合葬式の納骨堂として、一般のお墓を大きくしたかたちで地下
あるいは半地下に合葬用の納骨室をつくり、その上に仏像、仏塔、碑などを建立したお墓や、
一般のお墓のように個別のお墓、さらに納骨された人の名前などの記録として「石板の墓誌」、
過去帳に記載、墓籍簿に記載といった形がとられています。

永代供養墓の納骨方法としては、合祀と言われていますが、最初から遺骨を骨壷から出して
1ヵ所にまとめ土に還す方法、ある一定期間まで、納骨壇あるいは棚に骨壷のままお骨を安
置する方法、お骨を分骨し、一部を一定期間あるいは永大に安置し、残りのお骨は合祀する
方法などがあります。

永代供養墓の費用の内訳については、永代供養料=永代にわたって供養してもらう費用、
永代使用料=墓地使用料、永代管理料=永代にわたっての管理費用、納骨料=納骨の手
数料、刻字料=墓誌に納骨者名などを彫る費用といったものがかかります。

■ 突然の不幸に際して

突然、身内に不幸が訪れた場合、落ち着くまもなくあっという間に納骨まで進むことが多くあります。
こういった場合業者のいいなりに大きなお墓などを買ってしまうことがありますが、信頼できる葬儀社などであれば、その家族にあった提案をしてくれて永代供養などを進めてくれます。
葬儀やお葬式、そして恩師などの供養などの知識については、普段から身に着けておきましょう。